誰も見てないことをいいことに、適当なことを好き勝手ブンブン書きなぐります

好きなことずっとやれる場所。

寒くなったり暑くなったり、出張の多い私は、この時期、持っていく服に困りまくる。(レパートリーがないため)
寒かったらUNIQLOのパーカーでも買えばいいかとタカを括ってたら、自宅にパーカーがたくさんになってしまった時代もあり、慎重になってしまっている・・・(その前に気づけ)

誰も見てないブログなので、今日も好き勝手書くよ。(←久々宣言)

言葉に踊らされないで

さて、わたしたち、フクオカの中心でテックカンパニーを叫ぶグルーヴノーツが運営する、テックパークを中心に、各方面の方々から、多種多様なご相談を受けるようになった。

相談内容の中心は「子供」。

そこで、
TECH PARK MAKERS(テックパークメイカーズ)とTECH PARK KIDS(テックパークキッズ)で、わたしたちが何を大切にしながらやってるのかってことを、ちゃんと書いておこうとおもう。

プログラミング教育やSTEM教育という言葉に翻弄されて、どうしていいかわからない方々へのメッセージだと思ってくれれば。

TECH PARK(テックパーク)とは

まず、ハッキリ言っておくが、
TECH PARK MAKERS(テックパークメイカーズ)、TECH PARK KIDS(テックパークキッズ)は、ITスキル、プログラミングスキルを「上げること」が目的ではない。

特にTECH PARK KIDS(テックパークキッズ)は、「働くおとうさん、おかあさんの子育てフォロー」が目的である。
おとうさん、おかあさんが、働いてて、寂しかったり、過ごせない時間を、価値ある時間に変え、「好きをテクノロジーでとことん追求する」、すなわち「テクノロジーで遊ぶ」という言葉で表現しているように、遊びを通した体験の積み重ねで、いつのまにか、何かを作るとき、表現するとき、テクノロジーを駆使してもらえるよう、クオリティの高いカリキュラムやアクティビティを、子供たちひとりひとりの個性をみながら、作っていくということをやるやっている場所だ。

わたしたちのミッションと指針

わたしたちグルーヴノーツのミッションは「テクノロジーで人々の生活を良くする」である。そのミッションにともない、わたしたちは事業を営んでいる。

このミッションに沿って、子供たちにも、同じ指針をもとに、対応し、それを伝えながら一緒に成長させてもらっている。

わたしたちの指針は以下の通りだ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-10-10-00

大人も子供も誰でも、「好き」を追求するチカラ、フォローをする場所。学校では教えてくれないこと、学校に行きたくても、大人になって忙しくなり、行けない人が、それでも好きなことをやり続け、好きを追求するために、テックパークはある。

「好きなこと」を追求する場所

img_0723

好きなことに自分がトコトン向き合えることこそ、成長のスピードは明らかに圧倒的に早い。私たちはそれを知っているからこそ、それを追求してきたからこそ、ここにいる。

ここでいう好きなことというのは、ゲームだったりコンピューターだったりすること。ものを作ることや、テクノロジーについて知ること、触れること、そのために、調べたり、練習したり、教わったりして、個人は育つ。
そしてわたしたちと一緒に育む。

本当の教育というのは、そういうことなんじゃないか?教わる、教えることで、育つ、そして、育む。だから、教育という言葉なのではないか?と思う。

「どーして、人と同じことをしなきゃいけないの?好きなことばかりしてて何が悪いの?」

img_0722

悪くない、大丈夫。テクノロジーは人間を幸せにするためにある。
テクノロジーは嘘はつかないし、嘘がない。そしてそれらは、日々進化して、みんなの横に常に、よりそってくれている。

そしてそれらを使えるようになることも、作れるようになることも、これからとても大切なコト。どこにいても、あなたを守ってくれる大事なスキルになる。

好きだと思えることは、もう踏み出した第一歩。そこから先、どうしたらいいか、そんな自分やお子さんや奥様、旦那様、おじいちゃん、おばあちゃん、親子、家族、先生、学校などなど、悩んでる人、周りの悩んでる人がいたら、ぜひ、テックパークを教えてあげてほしいし、テックパークに来てほしい。

テックパークの周りには、たくさんのプロや質の高いテクノロジーの進化に貢献してる人たちが実際にいる。そしてなにより、みんな、その「好きなこと」をとことんやり続けている人たちだ。

そして、わたしたちは「プログラマー」だけがわたしたちの役割ではない。総称して自分たちのことを「エンジニア」と呼ぶ。
そういったことも、知っていって欲しい。

コンピュータに関わることを「オタク」と言われてしまったり、子供がオタクになるとか、ひどい感覚を持たれてる世界もあるし、「ハッカー」が悪い人だと思ってる人も多い。
※ハッカーについてのわたしの見解はコチラの過去記事を読んで下さい。
ハッカーについての世間の間違ってる印象についてひとこと以上言っておく。

テクノロジーを知ること、
コンピューターの世界を知ること、
プログラミングを知ることが、
どれだけ世の中を幸せにしているのか、知ってほしい。

「プログラミング教育」という言葉に踊らされないで

img_0724

「プログラミング教育」という言葉に踊らされて、焦らないで欲しい。これからさき、学校で全員が出会う「プログラミング教育」で、わたしたちの業界でいう「プログラミング」が出来るようにはならないのだ。
この世界は深い。まだまだ知るべきことはたくさんある。そして今も、あなたの隣で、テクノロジーは進化し続けている。

テックパークでやることは、プログラミング教育でもSTEM教育を目的としていない。「好き」を伸ばすだけのこと。「好き」をスキルに変えること。それが気がつくと、テックパークで行ってることは、一部はプログラミング教育だし、STEM教育かもしれない。でも、音も絵も映像もゲームもロボットを動かすことも、宇宙船を飛ばすことも、人の命を守る装置を作ることも、人工知能を作ることも、何もかも、コンピューターを使って出来ること。

声が出ない子はコンピューターでも字を打って代わりに喋らせることが出来るし、耳が聞こえなくても、テキストチャットで人と話すことが出来る。文字が書けない人は、思ったことをコンピューターに話せば、言葉を認識して自動で文字にだってしてくれる。

そんな世界を覗きたい、触れたい、知りたい、関わっていたい。ずっと好きだから飽きずにやっていられることが、テクノロジーに関わることなら、ずっとやれる場所にぜひ来て欲しい。

本当のテクノロジーの世界が、テックパークで待っています。そして、わたしたちグルーヴノーツは、今、この時も、誰かのために、そして自分たちのために、テクノロジーでより良い世界を作っている。

そんなわたしたちが、エンジニアが、福岡の天神という場所で、これからまた、テクノロジーの進化に貢献してくれるみんなを待ってます。

 

・・・また良いこと書いてしまった気がする。
誰も見てないから意味がないブログだった。
そしてあたしは明日会社を休みます。

ではまた(´◔‸◔`)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA