誰も見てないことをいいことに、適当なことを好き勝手ブンブン書きなぐります

テックパークキッズ、まもなくオープンから1年に向けて。

随分暖かい日も増えた気がしなくもない、日本海に面した南国と間違われやすい福岡の中心で、子供にプログラミングとかITリテラシーを上げるためのオタスケマン的なことやってます、テックパークキッズの中の人、ささくみです、こんにちは。

本日は、間もなくオープンから1年という日を迎えるにあたり、振り返ってみて感じることを書きなぐります。

わたしたちグルーヴノーツが提供する、TECH PARKという事業は、本当に海より深い事業だなあと思う。だからこそ、日に日に増していく、子供と向き合うことを真剣にずっとやってる人には心底海より深い尊敬の念がやってく度にあふれてくる。特に、学校の先生。そして、保母さんや、お稽古ごとの先生も、学習塾の先生も、そして、それらを事業として営んでいる運営の方々についても、本当に本当に、色んなバランスをとらないといけなくって、まじで、心底尊敬する。

私たちITの人間も、業界的にはいつもキャッチアップしていかないといけなくって、日々、勉強しなきゃいけないから、ときに泣きそうになる(とっくに泣いてます)んだけど、子供と関わることってのは、関わる人や事象、環境や個性など、様々な物が多くありすぎて、まじで、エネルギーがめちゃくちゃ居るんだなと改めて思う。

事業として始める前に、ワークショップやったり、シミュレーションしたり、コンセプト出し、言葉、とにかく、細部にいたる様々なことを、社内、社外、スタッフと、日夜真剣に考え抜いて考え抜いて、テストもして、チェックもして、めちゃくちゃ準備したけど、それでも、わからなかったこと、気付き、反省はいつだってまだまだある。

言うのは簡単だけど、実際に関わる現場は、毎日毎日、同じ日はないし、波風が立たない日もない。まじでない。何が凄いって、スタッフは本当に尊敬する。だからこそ、今まで目を背けずにそこに向き合ってきた方々っていうのはマジですごすぎる。

テックパークキッズも、もうまもなく、1年。その間、走ってきて、沢山の学びから得たものは想像以上にある。また同時に見直すことも多く、しかも、子供の成長と世の中の変化は待ったなしで動いていくので、わたしたちスタッフが、子供に「ついていく」という発想ではだめで、また、一緒だと遅いのだ。

そして、これから、子供たちは、過去から学ぶのでは遅く、未来から学ばなければならないということ。過去も大事だけど未来はもっと大事。

私たちはそれほど大きなことをやっているのだという自覚とともに、プレオープンからあっというまの1年が経とうとしている今、明日からアタシはサンフランシスコなので、ちょっとばかし、日本を離れちゃうんで、今日色々、それはもう、ごッシごッシと、洗い出ししたし、してもらった。もっともっと、やらないとないとならないし、自分の子供、子育て含めて、どうあるべきなのか、心がギューっと締め付けられながらも、わたしたちは、子供の前を走っていなきゃならない。伴走じゃ間に合わない。

というわけで、TECH PARK KIDSでは、スプリングスクールの生徒を募集しています。

スプリングスクール2017 | 年長・小学生対象の“想像をカタチにする春休み” | TECH PARK KIDS
テックパークキッズでは、3月21日(火)から4月11日(火)まで年長・小学生を対象にしたスプリングスクール2017を開講します。

海より深いというか、掘れば掘るほど深くなってく、深さが無限大、子供の成長も無限大。
新しいこと始めるには、春は最高の季節。
なにか見つけたい、何か始めたいキッズのみんな、見つけさせたいパパ、ママ。
ぜひスプリングスクールでお会いしましょう!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA