誰も見てないことをいいことに、適当なことを好き勝手ブンブン書きなぐります

Google Cloud NEXT 2017に参加どころか出展してきた話。

Google Cloud NEXT 2017
無事終了し、帰国しました。お疲れ様でした。ブースに立ち寄ってくださった方々、ありがとうございました。

前髪整える暇なくてすみません・・・

Thank you so much!!!!

ブースに立ち寄ってくださった方に、ノベルティも大人気でした。東京オフィス所属スタッフが、レンタカー借りてまで、地元じゃない福岡中のダイソーを10軒!走り回って、この扇子をスタッフが買い占めて、さらに、TECH PARK MAKERSのレーザーカッターでロゴ印字までした。スタッフのおかげで、あっというまにノベルティが完成。爆笑。グルーヴノーツすごい。

ノベルティとか準備不足で、絶望レベルだったけど、ノベルティ、無事完売。(売ってないけど)それだけ沢山の人が立ち寄ってくれました。そのうち数個は掃除のおばちゃんがほしいと言うので、弊社の貴公子エンジニアがそっと渡していた・・・優しい。そしたら同じ制服の人が何人かきて、また同じように配ってる貴公子・・・。ハートウォーミング・・・(近永のことです)

出発1週間前まで、英語版チラシしか準備できてなかったなんて、口が裂けても言えないけど、そっとワールドワイドウェブの片隅に記しておく…。

 

サンフランシスコに行くそもそもの目的

最近わたしたちグルーヴノーツは資金調達をしたということもあり、投資先の訪問も兼ねた。わたしたちはシリコンバレーのVCとエンジェル投資家に出資いただいている。シリコンバレーは切っても切り離せない場所なのだ。そして、ちょっと時間があったのでスタンフォード大学で、いくつか施設を見学した。

圧巻の教会

EXILEでも三代目でも野猿でもないですよ。しってましたかそーですか。

 

そして、今回、MAGELLAN BLOCKSの展示だけではなく、Google側(カズさんありがとうございました!)からお願いされた「BigQueryのUDFで動くNeural Network、ビッグデータと機械学習のインフラが融合してる不思議な感覚を可視化したツール(舌噛まなように)」をつくって展示やセッションの登壇で使われるものを見るためでもある。

今回はただ参加するだけでなく、世界各国からの参加者に、MAGELLAN BLOCKSや上に書いたツールを見てもらい、参加者の反応を見たり、コミュニケーションするため。

日本と比べてみて

わたしは英語できないという不治の病のため、ブース要員としては戦力外通告を受けててのんびり構えてたのだが、そうは問屋がおろさず、わたしも片言のなけなしの英語スキルで参戦する羽目になったくらいに、人が絶えなかった。
日本との比べるとわかりやすいとおもうので比較すると…

にこやかに近寄ってくる
真剣に最後まで話を聞いてくれる
良いものは良いと素直に褒めてくれる
案外難しい英語使ってる人少ない
IT系とか仕事の話だと知ってる単語が多くて聴きやすい
日本だからどうとかみたいなことがない
学生の「自分が学ぶための努力」という意識レベル(目的含む)がものすごく高い
女性比率が高い(数年前からに比べると圧倒的に多い)
行動、変革するための前向きさ(グローバル)と守るための内向きさ(日本)の目的の置き方の違い

ざっとこんな感じでしょうか。
こういう経験ってほんとなかなかできないのでチャンスの神様ありがとう。

他にも色々あるけど、改めてな部分があった。これを見ると、会社も自分の子供含めて、日本の良さと海外の良さを両方きちんと持ってこれからは行動していきたいなと改めて、こころ(チキンハート)と身体(わがままボディ)に刻みこんだ。

エリック・シュミット様!!!

そしてなにより、今回の旅でのSurprise&Happy賞は、エリック・シュミット様が我々の大切なパートナーの紹介のときに「Groovenauts」って言ってくださったことです。なにこれすごい・・・。個人的にも(Facebook参照)、本当に特別なことであり、わたしたちのブースにも、世界中のGooglerが立ち寄ってくれた。

I’m so happy!

特にいつもお世話になっているGoogle Japanのみなさま、本当にいつもありがとうございます(;;)

スタッフのFBより拝借。自動翻訳がおしいが、たしかにGroovenautsといってる。

 

余談

わたしは常に自信がなく、劣等感とともに生きてきた。わたしが考えることなんか、どっかの誰かがとっくに考えてて形にしてるだろうしなと、ヒラメキに蓋をして生きてきてしまった。

会社をつくり、人が集まり、ヒラメキの中にある目的が言語化され、肉付けされ、みんなが作り上げた立派なサービスになった。それを今回の旅で本当に心からそう思った。難産で、手のかかる子だっただけに、母親感が強かったが、これからは、機械学習の民主化の代名詞になりつつある愛するサービスMAGELLAN BLOCKSが、みんなに愛される子になっていってるのを見守りながら、紡がれている様が美しすぎて、涙が出そうになった。

ほんとにみんなのアイディアや意見が反映されて素晴らしいサービスになった。

 

運がほとんどをしめている。こんなに素晴らしいエンジニアがグルーヴノーツにいる事も、デザイナーもフロントエンジニアも、インフラエンジニアもデータベースエンジニアもネットワークエンジニアも、マーケティングスタッフも、バックオフィススタッフも、エヴァンジェリストもテックパークスタッフも、本当に誰1人欠けてもダメな会社になった。これからも、必要になったら仲間を集めながら、イカした(Groove)乗組員(nauts)とまだ見ぬ海や空や宇宙空間を見つけながら進みたい。

そしたわたしは「わたしの歌を聴けー!!!」と言いながら、またあの人変なこと言ってるっておもわれながらも、「グルーヴノーツの社員になりたいです」と言ってくれるテックパークキッズの子供達やわが子のためにも、この仕事が誰を幸せにしているのか?を、もっと子どもたちや周りの人にもわかってもらう努力をするように、伝えなきゃなーとか、いつかキッズを連れて、あの場所に行きたいなーとか、そんなことを考えてるし、考えてた。そして、Googleの偉い人にも、子供を連れてこられるように配慮してくれと伝えた。

わたしも、このようなイベントでは、子供への配慮をもっとして行きたいとイメージが出来上がった。

さいごに

グローバルって口にするだけでは意味がなくって、地球規模で世の中って存在するんだけど、実際にいろんなことを知れば知るほど、緻密で複雑ですんごい計算されつくされてできてると思ってる仕組みなんかのことも、案外そうでもなかったりすることが見えるようになる。そして、今回の出張では、なんだろう、英語がわからないわからないと思ってたら、案外良く聞けばわかるということ。これらは、行動して初めて得られる感覚だなあと思う。

英語に関してもう少し言うと、返事くらい(Yes/No)がやっとこさです。(Yes/No枕でいいんじゃないか・・・)やっとバージョンが0.01から、0.1になったレベルです。低っ。だけど、この、なんともいえない、ちょっとわかるようになったというか、ほんと微妙な感覚は忘れないように、英語のヒアリングは欠かさないようにしたい。スタッフの提案で週に一度くらい、英語の日をつくりましょうということだったので、それはぜひやりたいなと思う。

人に言われたことを正解として判断材料にするよりも、自分の目で見て聞いて経験したことで判断しなきゃいけないと強く思えるタイミングの中で、今回の私たちグルーヴノーツの行動は、とても重要で、大切だった。

グルーヴノーツが立ち上がって6年。やっとスタートラインに立ったんだろうか。それともすでに、過去、スタートラインに立っててスタートしてしまってたのだろうか?

はてさて。この続きは次回のお楽しみということで。(←西遊記のナレーション風に読んで下さい)(ここでガンダーラが流れる)

そして安心してください。わたしならまだ家に着いてません ( ꒪⌓꒪)今これを羽田空港で書いています。そして先程、最初に食べた日本食?は吉牛つゆだくAセットに玉子付き。食べすぎて苦しい。助けてサンフランシスコ!!

ランボー喜びの帰還。俺は日本に戻ったぞ。そしてまだ福岡には戻れてない。家まで遠いなあ・・・。頑張れあたし。

ではまた(´◔‸◔`)

おまけ:せっかくなので食べてきた

寝不足以外は充実してた。食べ物も含めて。
飛行機の関係で、昨日から東京一泊コース…はやくとんこつラーメン食べたい…。って、そんなにいつも食べてなかった。言うほどでもなかった。ただ、美味しいものを食べて満足出来てれば案外人は、和食とか洋食とか、肉とか魚とかこだわらずともいいのではないか?と思ったら、わたし初日から中華2回連続で、米も割と食べてた。めちゃうまいベトナム料理屋さんのチキンスープのワンタン麺も食べてた。チャイナタウンの炒飯おいしかった。クラムチャウダーも(2回)クラブチャウダーも、シーフードも、生牡蠣も肉もスイーツも何もかも大その日のうちに満足して終えられるレベルだった。って、何一つ和食なんか無かったのにこの充実感…

  

旅行か。

 

関連記事

    • Ken Makishita
    • 2017年 3月 13日

    プログラムの言語って基本的に英語がベースになってるので、エンジニアやってたあなたとかがある程度理解できてあたりまえだよなぁ~って前から思ってたので、実は英語に関してはそこまで心配してなかったw

      • sasakumi
      • 2017年 3月 13日

      昔から、そのあたりは理解できてたんだけど、知ってる単語だけだからかなあと思ってた。そしたら、他のっていうか、周りの主語と動詞とかも聞きながら追えるようになってたっていうか、それが今回っていうか、なんか不思議な感じ。この感覚忘れないようにしないと怖い・・・

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA